SlotCountCapter2【レイアウトファイル】
戻る


※レイアウトファイル※
レイアウトファイルでは、カウンタ内オブジェクトの位置変更等が行えます。
リアルタイムで変更されますが、再利用する場合はレイアウトファイルとして保存してください。

レイアウト例

※参考※
ニコ生配信者のしゃみ〜さん(co18766)がレイアウト編集の説明ページを作ってくださいました。
http://www14.atwiki.jp/scc2/
ありがとうございます。


※ウィンドウ※
=クライアント/BG=
・カウンタプログラムのクライアント領域の大きさ指定と
BGパネルの表示及びサイズの指定を行います。

※パネル1(ゲーム数)※
=総ゲーム数/ボーナス間=
・ゲーム数に関する表示の配置位置を指定します。

※パネル2(差枚数)※
=差枚数/出玉率=
・差枚数に関する表示の配置位置を指定します。

※パネル3(カウンタ)※
=カウンタ全般= =カウンタ1/2= =カウンタ3/4= =出玉率=
・ボーナスカウンタに関する表示の配置位置を指定します。

※その他パネル※
=その他=
各種項目の配置位置を指定します。

・マウスでの移動を許可する
各オブジェクトをマウスで移動させるときにチェックを入れます。

ページTOPへ



※ウィンドウ−クライアント/BG※

=クライアント/BG=
カウンタプログラムのクライアント領域の大きさ指定と
BGパネルの表示及びサイズの指定を行います。

・クライアント領域
タイトル・メニュー等を含まないウィンドウ内部の
大きさを指定します。

・BGパネル
背景画像を置けるパネルです。
画像を使用しなくても色の変更が可能です。
SCFH等で一括して取り込み位置を指定するのに
便利かもしれません。

パネルのプライオリティは
差枚数グラフ>スランプグラフ>各種情報
>パネル1(ゲーム数)>パネル2(差枚数)
>パネル3(ボーナス)>BGパネル
となっています。

・ステータスバーを表示する
ステータスバーの表示をするかどうかの切り替えです。

ページTOPへ


※パネル1(ゲーム数)−総ゲーム数/ボーナス間※

=総ゲーム数/ボーナス間=
総ゲーム数とボーナス間を表示するパネル1の設定をします。

・パネル1(ゲーム数)
パネル1には総ゲーム数とボーナス間の
カウンタが配置されています。
左上を基準(0,0)として位置の調整とパネルの
大きさを指定します。
疑似透過は、BGパネルがあった際にパネル1自体を
疑似的な透過をさせるかの設定です。

・総ゲーム数
パネル1上の左上を基準(0,0)として項目名(総ゲーム数)
とカウンタの配置位置を指定します。
非表示との切り替えが可能です。

・ボーナス間
パネル1上の左上を基準(0,0)として項目名(ボーナス間)
とカウンタの配置位置を指定します。
非表示との切り替えが可能です。

ページTOPへ


※パネル2(差枚数)−差枚数※

=差枚数/出玉率=
差枚数と出玉率を表示するパネル2の設定をします。

・パネル2(差枚数)
パネル2には差枚数とと出玉率のカウンタが配置されています。
左上を基準(0,0)として位置の調整とパネルの大きさを指定します。
疑似透過は、BGパネルがあった際にパネル2自体を
疑似的な透過をさせるかの設定です。

・差枚数
パネル2上の左上を基準(0,0)として項目名(差枚数)
とカウンタの配置位置を指定します。
非表示との切り替えが可能です。

・出玉率
パネル2上の左上を基準(0,0)として項目名(出玉率)
とカウンタの配置位置を指定します。
非表示との切り替えが可能です。
出玉率の計算方法は(全ての払出枚数÷全ての投入枚数)です。

ページTOPへ


※パネル3(カウンタ)※

=パネル3(カウンタ)=
ボーナスカウンタを表示するパネル3の設定をします。

・パネル3(カウンタ)
パネル3には各ボーナス回数カウンタが配置されています。
左上を基準(0,0)として位置の調整とパネルの大きさを指定します。
疑似透過は、BGパネルがあった際にパネル3を
疑似的な透過をさせるかの設定です。

ページTOPへ


※パネル3(カウンタ)−カウンタ1/2※

=カウンタ1/2=
ボーナスカウンタ1と2の設定をします。

・カウンタ1
パネル3上の左上を基準(0,0)として項目名(ボーナス名)
とカウンタの配置位置を指定します。
ボーナス名は機種定義ファイルで指定します。
非表示との切り替えが可能です。

・カウンタ2
パネル3上の左上を基準(0,0)として項目名(ボーナス名)
とカウンタの配置位置を指定します。
ボーナス名は機種定義ファイルで指定します。
非表示との切り替えが可能です。

ページTOPへ


※パネル3(カウンタ)−カウンタ3/4※

=カウンタ3/4=
ボーナスカウンタ3と4の設定をします。

・カウンタ3
パネル3上の左上を基準(0,0)として項目名(ボーナス名)
とカウンタの配置位置を指定します。
ボーナス名は機種定義ファイルで指定します。
非表示との切り替えが可能です。

・カウンタ4
パネル4上の左上を基準(0,0)として項目名(ボーナス名)
とカウンタの配置位置を指定します。
ボーナス名は機種定義ファイルで指定します。
非表示との切り替えが可能です。

ページTOPへ


※パネル3(カウンタ)−ボーナス合算※

=ボーナス合算=
ボーナス合算表示の設定をします。

・ボーナス合算
パネル3上の左上を基準(0,0)として項目名(ボーナス合算)
とカウンタの配置位置を指定します。
非表示との切り替えが可能です。

ページTOPへ


※その他パネル※

=その他=
その他パネルの配置位置を指定します。

・各種情報
回転数やコイン投入枚数等の情報を表示します。
クライアント領域の左上を基準(0,0)として配置位置を指定します。

・ボーナス履歴グラフ(スランプグラフ)
スランプを表す米粒のグラフです。
クライアント領域の左上を基準(0,0)として配置位置を指定します。

・差枚グラフ
差枚数を表す折れ線グラフです。
クライアント領域の左上を基準(0,0)として配置位置を指定します。
大と小の2種類の大きさを指定できます。

ページTOPへ